煌花
前世療法(ヒプノセラピー) 九星気学 算命学 心理タロット 手相

ヒプノセラピスト 煌花(ふぁあんふぁ)

横浜東京の当たる占い師

1955年生まれ 乙女座 O型 子供の頃から人の何倍も直感力に優れ、20年前の大病を境にその直感力もアップし人生観も変わりました。
それを生かした仕事がしたいと思い、占いの世界に入り15年近く携わってまいりました。

対面鑑定にこだわります。クライアント様の目の動き、手の動き、全体の表情等、色々な角度から対面でお話し鑑定する事でちょっとした変化を見逃さない様に努めております。

関内月天子では、「前世療法」を中心にさせて頂いております。

その他の占いに関しましては、みなとみらい線日本大通り 「きらめきの花」での鑑定所になります。
詳しくはホームページを見て頂ければと思います。 「日本大通り占いきらめきの花」で検索出来ます。

前世療法について
〈ヒプノセラピー〉 催眠療法の中のひとつとされ退行催眠する事によってクライアントの記憶を過去世(生まれる前)まで誘導して行きます。
そして今世の様々な問題点や意味を府に落ちた状態で納得して頂きます。

例えば、この人生の目的は…? 何故この人(両親、パートナー、子供 etc …)と今世出合うのか…?何故この仕事を選んだのか…?今抱える悩みの意味…等、輪廻転生により今世のカルマを培い知る療法です。
人間の脳は顕在意識(通常で自覚の有る状態)が20%、後は潜在意識(自覚していない状態)が80%、その潜在能力を引き出して行きます。
クライアントとの事前カウンセリングによって信頼(ラ・ポール)を繋ぎ心と身体をリラックスした状態で、ゆっくり誘導されながら催眠に入って行きます。
80%の眠っている膨大な記憶を表面化させてクライアント自身の言葉で語ります。
その受け取った情報により何かに気付き問題(セッションのテーマ)となる原因が軽減されたり、成る程と府に落ちたりして、新な自覚が芽生えるかも知れません。

被験者には3つのタイプがあります。視覚タイプ、 聴感覚タイプ、 体感覚タイプ です。
このいずれかを体験される方が 85%とされています。 催眠中であっても顕在意識は有りますから意思も判断力も有ります。勿論、嫌な事は避けられるし、 見える事の否定や自ら催眠を解く事も出来ます。どうぞご安心してお受け下さい。

普段私たちは1日何回も催眠に軽く入っています。例えば何かに夢中になった時、回りが気にならない状態や夜寝る前や朝起きた時のボーっ としている状態等の意識レベルとヒプノセラピーの催眠は同様です。
ですからご安心してヒプノセラピーは受ける事が出来ます。